趣味をさがしているあなたへ

こんばんは。TKカウンセリングの田中です。

 

やっと週末、みなさま1週間、お疲れさまでした!
さむ~い1週間でしたね…

雪かきで疲れた~という方も多いのではないでしょうか。

 

明日からお休みという方は

ゆっくりこころも身体も休めてくださいね。

 

 

お休みの日は、「趣味」を楽しむという方も多いと思います。

 

よく「うつ」などメンタル不調で休養を取る際などに

「趣味を持つといい」とか

「趣味のことを楽しめばいい」という話がありますよね。

 

 

もともと趣味があるなら

もちろん楽しんだほうがいいですが

 

「趣味がないから頑張って作らないと」

とか

「これを趣味にしたいから人に言えるくらいに頑張らないと」

…などとなってしまっては

楽しむというより「義務」になってしまうかもしれません。

 

たとえば、何かものを作ることが趣味の場合。

ステキな作品ができて

見てくれたひとにほめられれば
とても嬉しいですよね。

 

でも、これが

「見てもらうため」

「ほめられるため」に

頑張って作品をつくらないと!」

…のようになってしまうと

 

メンタルの状態によっては

苦しくなってきてしまうかもしれません。

 

頑張ることが苦ではない状態の時ならば

「張り」になってよいのでしょうが…

 

本来は趣味はあくまで自分が楽しむためのもの。

もし趣味によってストレスをためることがあるならば

いっそ「無趣味」なくらいのほうがいいと

私は思います。

 

「趣味がない」という方も

「何かやらないと」と

無理をして興味のないことをはじめて

ストレスになってしまうくらいなら

趣味がないままでも

なにも生きていくのには差しつかえはありません。

 

趣味がないからといって

「恥ずかしい」とか

「つまらない」とか

思う必要もありません。

 

(ちなみに私も趣味らしい趣味はないです(^_^;))

 

それよりも、「趣味」というくくりにとらわれず

 

とにかく

リラックスできること

無意識に笑顔になってしまうことがあれば

 

続けないと」など考えずに

気の向くままにしてみるのが

こころの休養になります。

 

「ふとんでゴロゴロしているのが幸せ」

「甘いものを食べていると笑顔になる」

(食べ過ぎ、寝過ぎには気をつけてくださいね)

なら、そうすればいいのです。

 

自分でなかなか「リラックス」できることが

わからない場合は

 

時間のゆとりがあるときに何かをやってみて

もし「眉間にシワがよる」ことがあったら

していることをやめるか

ほかのことに切り替えるということを

繰り返していくうちに

見つけられると思います。

 

また、「つきあいだから」と

好きでもないことを続けている場合は

思い切ってやめてしまうか それが難しいなら

つきあいの回数を減らしていけるといいですね。

 

「趣味」は仕事ではないので

同じことをずっと続けなくても

まったくかまいません。

 

「○○するのが好き」というのが

増えていけばいくほど

元気でいられると感じています。

 

○全国どこでもお悩み相談 電話相談専門 TKカウンセリング○ 田中

 

Pocket
LINEで送る