謝罪する(あやまる)ということ

みなさん、こんにちは

TKカウンセリングの片桐です。

 

 

本日は

「謝罪する(あやまる)ということ」

についてお話ししていきます。

 

 

 

かつての私もそうでしたが、

「すみません」

という言葉が口癖の人がいたり、

 

 

何かあるとついつい

出てくる言葉が、

「すみません」

「ごめんなさい」

「申し訳ございません」

と言ってしまう人がいます。

 

 

 

 

果たして本当に悪いと思って

謝っているのでしょうか?

 

 

 

そして、

「謝る」

という事は、

こちらに非があると

認めたという事になりますので、

 

 

 

最悪な場合、

こちらが窮地に

立たされてしまうこともあります。

 

 

 

 

例えば、

青信号で横断歩道を

歩いていたとします。

 

 

 

急に車が突っ込んできて

自分と衝突しました。

明らかに悪いのは

道路交通法に違反した

運転手の方です。

 

 

 

 

それがいつもの癖で

「ごめんなさい」

「すみません」

「申し訳ございません」

と発してしまうものなら、

 

 

 

相手は、

ラッキーと言わんばかりに

「どこ見てるんだボケ!」

「気をつけろ!」

などと逆に怒られてしまい、

 

 

 

最悪の場合、

道路交通法に違反した事も

反故にされ、

 

車両の修理費や買い替え、

むち打ちになったのだのと

色々こじつけられて、

多額の損害賠償を

されてしまいます。

 

 

 

本当に悪いと思っていないのなら

謝る必要はないのです。

 

 

 

そして、

謝る事が口癖になっている

人の場合は、

 

 

 

心から申し訳ないと思っていても

伝わらない場合も多いです。

 

 

 

 

なぜなら、

いつも何かある度に

「すみませんすみません」

と言われていたら、

 

 

 

この人は本当に謝っているんだろうか?

本当に謝っているんだとしたら

ちゃんと改善しなさい。

 

 

 

改善もしないのに、

だただた適当に

「すみません」

と言っておけば、

何とかなると思っている

のではないか?

 

 

 

などのように思われてしまいます。

 

 

 

 

何が何でも

自分の非を認めず、

絶対に謝らない人もいますが、

こういう方については少し論外になりますので、

割愛といたします。

 

 

 

 

最近TVなどで良くある、

不倫の謝罪会見なども、

本当に悪いと思っていないのであれば、

謝る必要もないのです。

 

 

 

とりあえず

謝っておけば立場的に

安心だ。

 

 

などと見受けられるような方も

多くいらっしゃいますが、

 

 

 

逆に、

適当な人だ、

信念や自分の意見の無い人だとも

思われてしまうでしょう。

 

 

「悪いと思っているのなら

理性を保ち、道徳を守り、

はじめからするな」

と言われてしまう場合もあります。

 

 

 

公共の電波を利用できる

立場であるのなら、

 

この機に、

結婚や不倫・社会の仕組みや・規制、

矛盾や不条理、

人間というものについての

本質などを

何故話さないのか?と

私などは思ってしまいます。

 

 

 

ご本人たちも、

結婚や恋愛・不倫についての疑問も

少なからずあるような気がしております。

 

 

仕事でもプライベートでも、

謝るということについて

考えて言動できれば、

自分自身も、愛する近しい人達も、所属する会社の人達をも

守っていく事ができるのです。

 

TKカウンセリング 片桐

 

【全国どこでもお悩み相談・電話相談専門】
TKカウンセリング
https://tkcounseling.com/
●受付時間:9時~23時(最終受付22時)

【特徴】
病院やお薬に頼ることなく、悩みや不安になっている「根本的な原因」部分から、波乱万丈で経験豊富な男女心理カウンセラーのもと、ストレスの「軽減・回復・解決」のご提案を行っております。

●主なご相談内容

・人生相談(生き方・考え方)
・対人関係(家族・友人・学校・職場・ご近所)
・自殺・自傷・うつ病・DV・ハラスメント
・いじめ・引きこもり・不登校・子育て
・進路・就職・転職・自己啓発・起業
・恋愛(片思い・失恋・恋活・婚活・離婚・浮気・不倫・男女の営み)
・愚痴・話し相手

Pocket
LINEで送る