結婚は我慢の連続?

こんにちは、

男性カウンセラーの片桐です。

 

本日は

「結婚は我慢の連続?」

というお題でお話ししていきたいと思います。

 

 

それぞれの事情や思惑があり、

今のパートナーと

お付き合いや結婚に至ったのだと思います。

 

・私を愛してくれるから

・身体の相性が合うから

・相手がお金を持っているから

・相手の性格が好きだから

・子供の事を考えてくれるから

・親の事を考えてくれるから

・相手が安定した職業に就いているから

・デキちゃったから

・若い時の勢いで

・子供が欲しかったから

・結婚する事がステータスになるから

・ウェディングドレスが来たかった

・専業主婦になりたかった

・仕事を辞めたかった

などなど

 

 

「結婚」をするという事は、

共に手を取り合って同じ方向に向かって歩いて行く

という事になり、

 

また、そこには

自分や相手の親兄弟や親戚とも

付き合って行く

という事になります。

 

途中で歯車が合わなくなってくる事もあるでしょう。

 

 

ですがそういう時こそ、

お互いの気持ちの確認作業が必要となってきます。

 

 

納得できない事や、

受け入れがたい事もたくさんあると思います。

それでも、互いに理解し合う、認め合う事を

して行かなければ、「夫婦」や「家族」は

成り立ちません。

 

 

「○○という状況ならば、こうしていこう」

「相手が○○という気持ちや状態ならば、

相手の幸せの為に○○していこう」

 

という相手の幸せを願い、行動する事が大切になります。

 

それは自分自身の気持ちや状況を、

相手にも理解してもらわない事には

成り立ちません。

 

 

もし自分の思い描いていた「結婚生活」や「家族」

とは違っていて、解消したい。

と強く願うのであれば、

ご自分の新しい人生を作って行く為にも、

早いスタートが肝心です。

 

 

ただそこで、

相手を悪者に仕立て上げるのではなく、

 

ひと時でも幸せな時間を共有できた事や、

学ばせてもらった事に感謝し、

 

自分を省みて、

自分を責めるのではなく、

反省する所は反省し、

 

次のステップへの糧として行く事ができるのであれば、

新しいスタートを切る事も良いのかと思います。

 

 

日本では「我慢する事」が

美徳に捉えられる事も未だに多いのですが、

 

 

明らかに「先の見える我慢」であれば

時として必要ですし、

夢や希望を持ち、

共に問題となる壁を登って行こうと

「我慢する」のなら

「耐える」もしくは「我慢と感じないようにする」

事も肝心です。

 

 

ただし、

「先の全く見えない我慢」

意味のない「我慢」に関しては、

ただのストレスにしかならないのです。

 

 

「ストレス」は、

・解消する

・ストレスと感じないようにする

をしないと、やがては爆発してしまうものなのです。

 

TKカウンセリング 片桐

TKカウンセリング https://tkcounseling.com

Pocket
LINEで送る