権利や主張をするということ

みなさん、こんにちは

TKカウンセリングの片桐です。

 

 

 

本日は

「権利を主張をするということ」

についてお話しいたします。

 

 

 

日本国にいる以上、

基本的な人権が一応守られている

という事になるので、

権利や主張を行うことは

認められていることになります。

 

 

 

 

過去の私もそうでしたが、

これらをはき違えると

自身の手により、

生きづらい人生を

作っていく事になります。

 

 

 

 

 

例えば、

就職などにおいても、

 

 

 

新人のくせに

権利や主張を唱え、

 

 

先輩や上司と

折が合わずに仕事を

辞めてしまう

など

 

 

 

 

それらは

決して当たり前の

権利なんかではないのです。

 

 

 

 

まず根底に、

雇ってもらうという事は、

会社に対しての

私を雇ってくれてありがとう。

 

 

 

 

という

「感謝の気持ち」

が持てない事には、

 

 

 

 

いつクビを切られたり、

会社にとって

いらない人材となっても

おかしくはないのです。

 

 

 

 

 

インターネットの普及などにより、

経験がない・浅い経験しかない

若者たちが知識だけはかじっているので、

権利や主張をする事は多いです。

 

 

 

 

 

また、

ある一定の年齢以上の方にも、

経験がある・知識がある為に、

郷に入っては郷に従えずに

権利や主張ばかりしてしまい、

会社を辞めるという事も多いです。

 

 

 

 

 

まずは感謝の気持ちがないことには、

文句ばかりになってしまうのです。

 

 

 

 

 

言い換えれば

ただの逆ギレのようなものなのです。

 

 

 

 

 

会社には一定のルールがあり、

そのルール内でいかに頑張ってきたか。

 

 

 

 

 

そういう人達が

上司や先輩にいるということなので、

 

 

 

 

 

権利や主張を

強く訴えていきたいのであれば、

上司や先輩達よりも

仕事で実績を出し、

上からも認められるような

存在にならない限りは、

なかなか通りにくいものなのです。

 

 

 

 

 

わかりやすく言うならば、

スポーツジムで

身体が引き締まっていない

インストラクターに、

 

 

「○○すれば筋肉がついて

引き締まりますよ」

 

 

と言われても説得力がないのと同じ事なのです。

 

 

権利や主張を訴える事は、

知識だけではなく経験や実績をつけ、

できれば説得力を持てるようにしてから

が良いでしょう。

 

 

 

権利や主張は、

自分の身を守る事でもありますが、

ご自分をがんじがらめにしてしまい、

自ら生きづらくしてしまう

こともあるのです。

 

 

 

本日もご閲覧くださり

ありがとうございました。

TKカウンセリング 片桐

【全国どこでもお悩み相談・電話相談専門】
TKカウンセリング
https://tkcounseling.com/
●受付時間:9時~23時(最終受付22時)

【特徴】
病院やお薬に頼ることなく、悩みや不安になっている「根本的な原因」部分から、波乱万丈で経験豊富な男女心理カウンセラーのもと、ストレスの「軽減・回復・解決」のご提案を行っております。

●主なご相談内容

・人生相談(生き方・考え方)
・対人関係(家族・友人・学校・職場・ご近所)
・自殺・自傷・うつ病・DV・ハラスメント
・いじめ・引きこもり・不登校・子育て
・進路・就職・転職・自己啓発・起業
・恋愛(片思い・失恋・恋活・婚活・離婚・浮気・不倫・男女の営み)
・愚痴・話し相手

Pocket
LINEで送る