周りのひとのメンタルケア

こんにちは。TKカウンセリングの田中です。

 

忙しくなるこの時期、 自分は大丈夫でも周りの人が メンタル不調になっている、 なんてこともあるかもしれません。

 

特に、チームを組んで お仕事をされている方は

ひとり調子を崩すと 本人がつらいのはもちろんのこと 他のメンバーの仕事にも影響してしまいますよね。

 

たいていそういった場合 本人は頑張っていても、

 

ふだんはしないようなミスが増える

以前より作業に時間がかかるようになった

作業レベルにムラがある

書類がたまるようになった

細かいことを気にするようになった

 

など本人が自覚しづらいこともあります。

 

また、体調が悪そうなら 顔色などでもわかりやすいのですが

 

服装などに以前より気をつかわなくなった

食べる量が普段より増える、または減る

タバコの本数が増えている

ぼんやりしているように見える

 

など、まあまあ元気そうにみえても 実は調子がよくない… というサインもあります。

 

仕事にミスが目立つようになったりしても ミスを責めてはいけません

 

「調子よくなさそうだけど 何か困っていることはない?」

「つらそうだけど、よかったら話きくよ」 などと声をかけてみましょう。

 

気にかけてくれている人がいる、 ということがわかっただけでも 本人はほっとするはずです。

できるだけ、話をきいてあげてくださいね。

 

もし、「大丈夫」「なんでもないよ」 などと言われたら 「もし、いますぐじゃなくても 何か協力できること思い付いたら 遠慮しないで言ってね」

など 本人をサポートする気持ちを 伝えておいてください。

 

そして1週間ぐらい調子をみてみましょう。

チームの他のメンバーにも、 ●●さんが調子よくなさそうで心配、 ということを伝え、 サポートに協力してもらえると ベターです。

 

自分だけでなく 周りもみんなで 元気でいたいですね!

寒さや空気の乾燥など対策して 環境もなるべく整えて お過ごしくださいね。

 

TKカウンセリング https://tkcounseling.com/   田中

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る