どうしてカウンセラーなのに「外見」から入ったか

こんばんは。TKカウンセリングの田中です。

 

昨日は「女らしさ」ということで

まず「外見」の印象をアップする方法から

お話しました。

 

…「カウンセラー」って、

心理面や人の中身をみる仕事でしょ?

なのにどうして「外見」なの?

 

と、疑問をお持ちになったかもしれませんね。

 

外見に気を使うことは

「自分をよく見せたい・みてもらいたい」

ということのほかにも理由があります。

 

「相手への気づかい」表現できるからです。

 

身なりをキレイにして、

自分に対して気を使ってくれているな」と

お相手が感じれば、人としてうれしいものです。

 

そこに「女らしさ」も感じられれば

自分を異性として見てくれている」と

意識しやすいものです。

 

ほかに細かいテクニックなどもたくさんありますし、

使えるものは活用したほうが良いと思います。

 

でも、「基本」である「相手への気づかい」ができていないと

テクニックを駆使してお相手に好かれたとしても

結局は長続きはしません。

 

それどころか「都合のいい遊び相手」に

されてしまう可能性も大です。

 

これはよくいう

「服装が派手だから軽く見られる」というのとは

まったく違う次元のものですし

服装が派手でも相手への気づかいができる女性は

内面もちゃんと見てもらえます。

 

 

服装の「気づかい」は昨日お話した基本のほかに

デートの場所、お相手の状況・服装によって

考えた服装にすることも含まれます。

 

わかりやすく言うならば、

 

登山デートの時に

ピンヒールをはいてくる女性は

いくら本人に似合っていたとしても

振られて当たり前ですよね。……

 

 

楽しいデートができないのは目に見えていますし、

前もってデートの内容を話しておいたのに

自分が言ったことを無視してる?

と とらえられることもあります。

 

上の文章は極端な例ですが、

似たようなケースはあると思います。

 

 

また、これはあまり頑張りすぎる必要はありませんが

お相手の服装に雰囲気を合わせるとベターです。

 

服装の趣味が お相手と違っていても

「基本」ができていればいいのですが

 

お相手がスーツなのに自分はラフな服装だったり

あまり極端に服装が違うのは

おつきあいが浅いうちは特に避けたほうが無難です。

(お付き合いが長くなりお互いの事情などが

わかりあえるようになればこの限りではありませんが)

 

似た雰囲気で一緒に行動していると

「ふたりでワンセット」として

周りに認知されやすいというメリットがあります。

 

人は「自分と似たものに無意識に好意を持つ」

法則があるので、おつきあい前の段階の方は

ぜひ活用していただけたらと思います。

 

一緒に入れるお店なども

どちらか片方に合わせるよりも選びやすくなるので

デートもスムーズです♪

 

あまりお相手にあわせて頑張りすぎず、

無理のない範囲でやってみてくださいね

 

これからは「女らしさ」内面についても

お伝えしていきますので

また読んでいただけると嬉しいです(´∀`*)

 

○全国どこでもお悩み相談 電話カウンセリング専門 TKカウンセリング○ 田中

↑男性カウンセラーもおりますので、異性の目線からの恋愛アドバイスもできます!

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る